国内活動

第7回WFWP音楽の祭典 in Osaka 開催

 
優しさを~とどけよう歌声にのせて~


  •  ①マザーグース  歌の力賞・音楽の祭典賞受賞


  • ①マザーグース  歌の力賞・音楽の祭典賞受賞


  • ②コール・ザ マーブル  若さがいっぱいで賞


  •   ③ ハンドインハンド 指揮者賞・審査員特別賞受賞


  •   ④大阪施設父母の会「コーラス部」 
    みんながのせられたで賞


  •   ⑤さんさんコーラス  あたたかな歌声で賞


  • ⑥ハーモニーグレイス   ハーモニー賞


  • ⑦ドリームホープ  優しさをとどけたで賞


  • ⑦ドリームホープ  優しさをとどけたで賞


  • エンターテイメント
    ヴァイオリン演奏 認定こども園


  • エンターテイメント
    読み語り
    NPO法人ハンドインハンド
    内田知子 「じごくのそうべい」




~音楽の祭典 in Osaka ~

大阪では年1回、音楽の祭典を開催してきました。
今年で7回目となります。
7組のコーラスグループが参加し素晴らしい歌声を披露しました。

-------------------------------------
【合唱の募集テーマ】
今回はコーラスの技能を評価するだけではなく、 楽しさと、感動と、WFWPのテーマでもある、「ファミリー」も視野に入れた内容で、募集しました。
その結果、テーマに沿って選んだ曲目で感動を与えたグループもありました。

【家族三世代で合唱と演奏】
ラストを飾ったマザーグースは、ご主人、子供、孫も加わり、三世代32名の大コーラス隊として参加。
母のピアノ、子供3人のフルート、チェロ、ヴァイオリン、そして5歳の女の子等も参加した。、9人の子供たちによる大合唱で、会場は感動の渦に包まれました。

【審査結果発表】
7つのグループが各々賞をいただきました。今回のトップは、「ハンドインハンド」が審査員特別賞を受賞。
そして、「マザーグース」は、「音楽の祭典賞」を受賞しました。

【エンターテイメント】
エンターテイメントは、 内田知子さんが、「じごくのそうべい」の読み語りを披露してくださりました。
そしてスズキメソッドの指導を受けている、認定保育園の5歳児17名と先生方によるヴァイオリン演奏に感動しました。
最後に審査委員長と、審査員3名が、各グループに対する心暖まる講評をくださりました。 その後、全員で 「手のひらを太陽に」 を大合唱しました。

【発表グループと受賞】
①マザーグース
歌の力賞・音楽の祭典賞受賞

②コール・ザ マーブル
若さがいっぱいで賞

③ハンドインハンド
指揮者賞・審査員特別賞受賞

④大阪施設父母の会「コーラス部」
みんながのせられたで賞

⑤さんさんコーラス
あたたかな歌声で賞

⑥ハーモニーグレイス
ハーモニー賞

⑦ドリームホープ
優しさをとどけたで賞

エンターテイメント
○ヴァイオリン演奏 認定こども園
○読み語りNPO法人ハンドインハンド
内田知子 「じごくのそうべい」

【感動の音楽祭を次回も】
会場は満席でした。
皆様の協力を得て、感動のうちに終えることができました。
この感動を次回の開催に繋げて行きたいと思います。

<大阪第19連合会: 岡崎、田中>