更新履歴

”女性の地位向上のための教育支援”の記事(バングラディシュ・コスタリカ・ペルー)をUPしました。

アジア
 
バングラデシュ
女子も加わった入門編クラス
女子も加わった入門編クラス
識字教室運営支援

【概要】

オールドダッカ地区スラム街に現地女医が開設した無料診療所にて、スラム街に住む母親20人を対象に識字教室を2008年1月に開講。 母親が教育を受けていないため、薬の与え方を誤るなど治療効果が出ないことから、母親対象の識字教室が必要と考え開始した。 カリキュラムは、2011年からコースを変更し、「入門編クラス」と「生活編クラス」に分けた。
(入門編クラス)ベンガル語の文字・発音・簡単な文法、紹介と挨拶、数字・時刻・曜日・月・季節の読み方、足し算と引き算の計算、コーランの教え。
(生活編クラス)ベンガル語会話(家庭、学校、買物、職場、役場、郵便局、銀行、乗り物、モスクなど)、加減乗除の算数、英語のアルファベットと発音・簡単な単語と会話を週5日2時間で1年間教える。
修了時にテストに合格したらコース終了となり上のコースへ進級できる。 教育を受けていない女性たちが小学1年生レベルの読み書きができることは現地では画期的なこと。

 

2014年度 生徒15人

 


■生徒の声

「 字が読めるようになった!書けるようになった!」と得意げに自分の名前を書いて見せてくれた。
「自分の通帳を作れるようになった。」
「家計簿をつけられるようになった。」
「夫の店を手伝うことができるようになった。」
「他人に騙されることがなくなった。」
「 人に馬鹿にされなくなった。尊敬されるようになった。」
 
このページの上へ
 
中南米
 
コスタリカ
5周年記念式典で日本の支援者に感謝状
5周年記念式典で日本の支援者に感謝状
女性ロボット博士のドキュメンタリー
女性ロボット博士のドキュメンタリー
「女性の時代」TV番組制作

【概要】

中米では離婚率が高く家庭崩壊が深刻なため、女性の家庭観・価値観と青少年のモラルの向上を目的に、メディアを通して広く啓蒙できるよう、2007年10月にWFWPの1時間のテレビ番組「女性の時代」を週2回、放映開始した。 司会者とゲストの対談形式で、優秀な女性リーダーをゲストに招き、対談内容を通して啓蒙。
コスタリカの女性の意識を高揚する番組として好評を博し、年々視聴者が増え、多くの女性リーダーが出演を希望するようになった。
 
このページの上へ
 
 
ペルー
ファミリーセンターで講義を聞く
ファミリーセンターで講義を聞く
家庭再建教育
~貧困地域の共同食堂で~

【概要】

ペルー政府は貧困地域の対策として、共同食堂で安価な食事を提供している。
貧困地域の女性の多くは、家庭内暴力、家庭不和、麻薬、育児放棄、未婚女性の妊娠出産など深刻な問題を抱えている。WFWPは2007年8月に、リマ市の貧困地域の中の9ヶ所の共同食堂に会員制のファミリーセンター(FC)を開設し、周辺地域の母親を対象に家庭再建教育を始めた。
参加者から、「政府でも、心理学者でも、警察官でも、私たちの教会でも、私たちの家庭の問題を助けてくれることはなかった。でも今、私たちはとても良い状態です。食堂での講義に参加している母親たち婦人たちが皆感謝しています。」と感謝の言葉をいただいた。

【家庭内暴力を克服した参加者の声 】

●エルメリンダ・ティト・チャモロさん
私は以前、夫との間に問題を抱えていました。それはひどいものでした!!
夫は毎日お酒をたくさん飲んでは暴言を吐いて私を侮辱したり、頻繁に私をたたいたりするので何度も警察に通報したものです。ほんの些細なことでも喧嘩をしました。
長女はそのため体調を崩し、次女まで苦しむのはいやだったので、私は家を出て母の家に行きました。でも私はいつも食堂には通っていました。
特にWFWPが来る時は講義を聞きました。私は思い切って夫に「喧嘩をするのはよそう。なぜなら娘たちがとても苦しむから。」と言いました。そして講義を聞くたびに夫に内容を話しました。すると夫は「2人共変わらないといけないね。」と言ってくれて、2人で少しずつ変わっていきました。夫ははじめの頃は私が講義を聞きに行くことを邪魔していましたが、今では食堂の仕事まで手伝ってくれるようになりました。ありがとうございます。(目に涙を浮かべながら)あなたたちが私たちの食堂に来てくれることを感謝します。
●マリア・ロサリーナ・ベルネドさん
夫から泣くまで強い口調でひどい言葉を浴びせられ、お前は無知で何の価値もない女だと言われました。
でもWFWPが来るようになって、自分たち女性は家の中の軸であり、夫や子どもたちに対してどれだけの価値を持ってい るのか、そして貞節でいなければならないことを理解しなければならない、という講義の内容を聞いて、大きな価値を与えてくれました。自分自身がどれほど価値のある者かがわかるようになり、講義に来るたびごとに、自分たちの自我を高めさせ目覚めさせてくれる講義が好きになりました。
今は夫と娘ともとてもうまくいっています。私だけでなく、食堂の婦人たちが皆感謝しています。
 
このページの上へ
 

更新履歴